ポーカープレイヤーの資金調達の仕組み

Spread the love

ポーカーのプールトーナメントに出たいけれど、自分の実力を考えるとお金を出すのが不安だという状況はよくあることです。

またはその反対に、ポーカーの腕は圧倒的であるにもかかわらず、費やせるお金がないというケースもあるでしょう。

多くの人はポーカーゲームでできる投資についてよく知らないため、運とスキルが必要となるこのゲームにおいて実力を発揮できずにいます。真剣なポーカープレイヤーの多くは、ステーキングと呼ばれる方法や、ポーカー投資家と呼ばれる人々の助けを借りることで大勝ちしているのです。

ポーカー投資家とは、ポーカープレイヤーの代わりにお金を出し、プレイヤーが出した利益の一部を受け取る人々を指します。彼らは一般に「バッカー」と呼ばれます。プロのポーカープレイヤーはお互いに投資をし合うか、資金提供を受けてトーナメントなどに挑んでおり、自分自身、または他のプレイヤーに投資してゲームに臨みます。ポーカーの世界では、このようにプレイヤーが他のプレイヤーに投資している状態を「ステークド」と呼びます。

通常ポーカーには現金は絡みません。トーナメントに登録する段階で一定の金額とチップを交換し、ゲームではそのチップを使います。

以前は、トーナメントにおけるステーキングの割合は30~50%で、資金援助は投資家や引退したプレイヤーたちからのものでしたが、今ではプレイヤーと実業家の両者に人気が高い手法となっています。ワールド・シリーズ・オブ・ポーカーでの採用率はなんと80~85%になっています。

資金調達の仕組みは?

バッカーとポーカープレイヤーはゲームの前に条件に関する交渉を行い、プレイヤーが勝った場合の取り分や、負けた場合の損失責任について合意しておきます。利益は折半になるのが一般的です。

ステーキングは公開企業の株取引に似ています。投資家は企業を分析し、株価が上がって利益が出ることを願ってその企業に投資します。また、それに伴うリスクも引き受けます。

ステーキングは数年前まで正式に認められておらず、単なる口約束で行われるのが普通だったため、プレイヤーと投資家の間で様々な意見の食い違いや言い争いが起きました。オンラインポーカーサイトには両者が契約書にサインできるものもあり、その場合は条件に従ってお互いが行動することになります。

今ではこの仕組みが発達し、バッカーは好きなプレイヤーを支援できるようになりました。バッカーのサポートがあることでゲーム中の興奮度がより高くなることもあります。また、プレイヤーのスリルを高めることにも繋がっています。

ステーキングにはプレイヤーとそのプレイスタイルの分析が必要となります。最近の実績や、目立った活躍をしているかどうかを確認することも大切です。大金を手にすることができるのは、コールとフォールドの適切なタイミングを理解しているプレイヤーとバッカーのみです。

さて、お読みいただきありがとうございました。皆さんは、バッカーになってみたいですか?ぜひご意見をお聞かせください!

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
ご意見をお聞かせください。x
()
x